【徹底解説】マネパカードを安全に申し込みする方法を解説してみる

マネパカードは海外でも使えるプリペイドカード…って言われても、いまいちピンと来ませんよね。

パッと見はクレジットカードみたいだし、日本最安って言われてますが、一体何が安いのか…?

  • 学生・未成年でも本当に作れるの?
  • 海外どころか日本でも使う予定無いけど大丈夫?
  • お金かかるんじゃないの?

疑問は増すばかりですが、マネパカードって良く聞くし、気になってる方も多いはず。

マネパカードは 入会金無料、年会費も無料 ですが、申し込みには絶対に注意しておきたいある 落とし穴 があります。

この記事では、その落とし穴にハマらないための 「マネパカードを安全に申し込む方法」 を解説していきます。

マネパカードの恩恵を受けたいあなたは、ぜひ目を通しておいて下さいね。

 

マネパカードを持つにはお金がかかる?

まずここをハッキリしておきます。

マネパカードを持つための費用は一切かかりません。
入会金はもちろん、申し込み手数料や年会費も無料です。

なので使う予定が無くてもマネパカードは作れますし、使わなければお金はかかりません。

>>マネパカードを無料で作る

そもそもマネパカードって何なの?

マネパカードって何か支払いの時に使うカードっていうのは分かるけど、実際どういうモノなのか分かりにくいですよね。

簡単に言うと、マネパカードはお金をチャージして使うクレジットカードです。

お金をチャージする点では、Suica(スイカ)やPasmo(パスモ)に似ていますね。

マネパカードがスイカやパスモと違うのは、クレジットカード機能があることです。

マネパカードを持っていれば、Amazonのようなネット通販サイトで、クレジットカード払いができるようになります。(※一部できないショップもあります。)

 

クレジットカード・デビットカードとの違い

クレジットカードは使った分だけ後から請求されますが、マネパカードはチャージした金額分しか使えません。

なので、マネパカードはクレジットカードのように、「使いすぎて支払えない」借金状態になることはありません。

それから、似たようなカードに「デビットカード」があります。こちらはどちらかと言うとマネパカード寄り。

デビットカードは、使ったらすぐに銀行口座からお金が引き落とされるカードなので、口座に入ってる金額分しか使えません。

それぞれの使える金額をまとめると…

  • クレジットカード:使った分だけ
  • デビットカード:銀行口座にある分だけ
  • マネパカード:チャージした分だけ

こういうことになります。マネパカードが一番分かりやすいですよね。

自分でチャージした分しか使えないので。

ちなみに「マネパカード」は商品の名前です。マネパカードは厳密には「プリペイドカード」に分類されます。

プリペイドカードは、先にお金をチャージしてクレジット機能を使うカードのことです。

マネパカードの他にも様々な種類のカードがありますが、手数料が安いマネパカード は、いざ使うってなった時に重宝すると思いますよ^^

マネパカード

 

使う予定が無くてもマネパカードは作れる

ちょっと誤解されている部分ですが、使う予定が無くてもマネパカードは作れます。

持っておくだけでお金が取られることは無いので、作れるときに作っておくのが良きです。

また、クレジットカードは作るときに、「この人は支払い能力があるかどうか?」という審査がありますが、マネパカードはその審査がありません。

なので、基本的には誰でも作れます。

 

学生・未成年でも作れるマネパカード

さっき「基本的には誰でも作れる」と書きましたが、マネパカードは 15歳から申し込み可能 になっています。

なので厳密には「誰でも」ではなく、年齢制限がありますが、クレジットカードの要件が基本は 高校生以外の18歳以上 なのを考えると、マネパカードは年齢制限がゆるめです。

もちろん学生でも申し込めますが、未成年の場合は保護者の同意が必要です。

 

マイナンバーを教えても大丈夫なの?

マネパカードを申し込む際、マイナンバーを伝えます。このマイナンバーを伝えるのに抵抗がある人も多いみたいですね。

マネパカードは海外のお金(外貨)も扱えるカードなので、「国外送金調書法」という法律に触れます。

この法律が改正されて、マイナンバーの確認が必須になりました。

なので、何もマネパカードがマイナンバーを欲しがっているわけではなくて、法律で決められたことだからマイナンバーが必須なんですね。

マイナンバーは「通知カード」「マイナンバーカード」の他、「住民票」にも記載されています。

>>マネパカードを無料で作る

 

マネパカードの信頼性

マネパカードの運営会社は「マネーパートナーズ」という会社です。

マネーパートナーズは東証一部上場企業です。

代表の奥山泰全(おくやまたいぜん)さんは有名な方で、アイドルグループ乃木坂46の高山一実さんとの共著をはじめ、金融関係の本を書かれています。
 

FX口座って必須なの?

「マネパカードはFX口座が無いと作れない」という話がありますが、FX口座が無くてもマネパカードは作れます。

FXって何かよくわからないけどコワイ…という方も多いと思います。

マネパカードを作るに当たって、FX口座があると情報を入力する手間が省けるというだけなので、FX口座を作る必要は全くありません。

 

マネパカードのメリットとデメリット

マネパカードは「クレジットカード機能が使える」他、海外で使う時にも手数料が安いというメリットがあります。

また、マネパカードを持っているだけで優先されるイベントもあります。

もしかしたらあなたもそれ狙いかもしれませんね。持っているだけでイベントに行ける確率がぐーんと上がります。

>>マネパカードを無料で作る

 

マネパカードは有効期限あり?

マネパカードの有効期限は 5年 です。ただし、5年経ったら自動更新で新しいカードが届くので、実質有効期限は無いに等しいですね。

年会費もかからないので、クレジット機能を使わないままとりあえず持っている人も多いようです。

万が一紛失しても口座番号は生きるので、先のイベント申し込みなどはできます。

 

マネパカード最大のデメリットとは!?

マネパカードは本人確認が必須なので、当然ながら自分名義で作る必要があります。

イベント等での優先権を得るには、自分名義のマネパカードを持つ必要があります。

なので15歳未満の方は作れないのと、未成年の場合は保護者の同意が必要なのが、デメリット…というかネックになってきます。

逆に言うと成人していれば、すぐにでも申し込めます。

 

マネパカードはどのくらいで届くの?

マネパカードは、申し込みから 1~2週間程度 で届きます。

テレビで紹介されたり、イベントが近くなったりすると、申し込みが殺到して遅れる可能性もあります…

手元に届くのが遅れて、イベントに間に合わなかった・・・なんてことの無いように、マネパカードは余裕を持って作るのをおすすめします。

マネパカード

 

 

 

マネパカード