乃木坂46【嫉妬の権利】歌詞とMVに込められた秘密とは?

やっちまった~! アイドルは黙って、夢!

あなたは乃木坂46の曲は恋愛の曲が多いなぁ~と感じますか?

でもこれは私の持論ですが、秋元康さんが作詞したアイドルの楽曲のほとんどは恋愛の曲のようで恋愛の曲でないと私は考えます。これは何かしらのメッセージが感じられます。

 

『嫉妬の権利』そもそも何か?

2015年10月28日に発売された『今、話したい誰かがいる』のカップリング曲で、堀未央奈さん、中元日芽香さんのダブルセンターで、その時のアンダーメンバーで構成されています。

この切ないメロディーに切ない青春時代が感じられます。この曲のMVは21人全員が誰かを重い、嫉妬している姿が描れています。

 

イントロの振り

右手の人差し指を左で覆うと横に倒れる。離すと右手は羽を広げて空を飛んでいく。これって邪魔したら共倒れする。離せば成功するって事じゃないかと私は思いました。

 

なぜ『House of Cards』なの?

いきなりここに注目したかというと、ここに注目すればこの曲の全貌が見えてくるからです。

そもそも『House of Cards』って何かというと、現在シーズン5まで放送されているアメリカの連続ドラマです。

主人公のフランクは大統領に国務長官にしてあげると約束されていたのに裏切られて、違う人を国務長官に。それで怒ったフランクは妻と2人でたくさんの人を落とし入れていき、大統領になっていく。そしてシーズン3以降は大統領として、またたくさんの人を欺き戦っていくという話です。簡単に言うとですが。

でも『嫉妬の権利』の詞を全部読んで見て下さい。多分こう思いますよね。片想いをしてる彼(彼女)がいて、その人をずっと見ている。他の異性と話していて嫉妬する。あの子誰なの?って思う。もしかしたら恋人と勝手に想像する。そんな嫉妬する自分が嫌だ。その人とは友達以下でなんでもないのに。でもその人がほしい。それで”別人”に変わる。それは嫉妬心に包まれた人になる。そしてストーカーに発展していく。

MVの冒頭、堀未央奈さんの朝のシーンが事細かに映し出されます。でもこれはストーカー目線なのです。いわゆる和田まあやさんの目線です。

また、堀未央奈さんと中元日芽香さんがイチャイチャしているのに嫉妬する北野日奈子さん。横取りしようと間に入る。これを異性に変えたら恋愛ですよね。

だったら『ゴシップガール』とか『ビバリーヒルズ』とか『Lの世界』とかでいいじゃないですかぁ~!

それにMVでは『House of Cards』のDVDは乃木坂46のDVDになっていました。それはどういう事なのでしょうか?

 

嫉妬の権利は誰が持つ?

まずこの曲は選抜曲ではなく、アンダー曲である。

乃木坂46のメンバーは日の当たる世界(正々堂々or選抜)にいようと悩んでいる。でも考える事は選抜の事。その世界の人は今何しているのか。隠れてダンス練習しているのか。もしかして先生を1人締めしてレッスンを受けているのか。私たちにはそんな権利がないのに。

またすごい人に会って、なんかすごい仕事をもらっているのか。私を落とし入れる流言を言っているんじゃないか。握手会で私のファンを釣っていないかとか色々考える。

そう思っていると私のファンが隣のレーンに。あいつ推し変するのか。

そんな事してる訳ないのに、そんな事を考えてしまう。私はそういう事ができないから選抜にはなれないのとかと考えてしまう。でも用意された席は僅かしかない。だったら汚い事をしないと上がってはいけない。だってみんなしてるしと思うと、自分を別人に変えていく。

そうやって人は人に嫉妬する。嫉む。でも誰が汚い事をしたのでしょうか。したと思い込んでいるだけじゃないでしょうか。そう思うから乃木坂46が『House of Cards』になっていくのでしょう。

そんな事思っている間に頑張るしかないのです。そうして自分に自信をつけていけば、誰かに嫉妬する事もなくなる。だから嫉妬の権利なんて誰にもないんです。

 

白石麻衣が生駒里奈を引きずり落とした!

何という事でしょう。乃木坂46が『House of Cards』になっていました。それが起こったのは2013年7月・・・2013年7月! そう『ガールズルール』が発売した時です。

『ガールズルール』とは、生駒里奈さんから白石麻衣さんにセンターが代わったシングルです。

このセンター入れ替えは白石麻衣さんが生駒里奈さんを引きずり落としたからなのか!? どうなのでしょう。検証してみたいと思います。

白石麻衣さんが生駒里奈さんを引きずり落としたのは、2013年7月9日OAの『NOGIBINGO』内での話です。

白石麻衣さんと生駒里奈さんはポカポカドボンという競技で、丸太の上にまたがりお互いを柔らかい棒で叩き合って落とすという競技で、その下は白い粉の海になっていました。

この競技で生駒里奈さんは白石麻衣さんの💛💛を突くという暴挙に出た為、白石麻衣さんが負けて粉まみれになりました。

立ち上がれない白石麻衣さんを助けようと生駒里奈さんが手を出すと、逆に生駒里奈さんまで落ちてしまったのです。友情が非情に変わった?瞬間でした。これは大いに笑われるシーンでした。

という事で、バラエティー番組での出来事でした。そんな『House of Cards』が乃木坂46にあるわけないですよね。

 

流言なんて気にならない

でも裏では『House of Cards』なのか?・・・と言うとイラッとされましたよね。こいつ何言ってるんだと思いましたよね。乃木坂46がそういうグループだと言うのかと。

でもそう思うという事は乃木坂46を信じているんですね。そういう関係があるところに嫉妬も疑いも生まれないのです。

 

Sponsored Link