ジコチューで行こう!を聴いた人の感想を一言で表すと…

乃木坂46の新曲「ジコチューで行こう!」がオンエアされたわけですが、裸足でSummer以来の飛鳥ちゃんセンターの夏曲であるところのこの曲…

感想を一言で、いや、五七五で表すならばこうなる。

 

センターで 照れてる君を 見たいんだ

 

ジコチューで行こう!

この振り付けは何なのだろう。いや、何なのだろうも何も、アイドルらしくてとってもイイネ!って感じなんですが、ことセンターが飛鳥ちゃんとなるとそうも言ってられません。

決めポーズの飛鳥ちゃんは、どこからどう見ても照れまくっているではないか!!

見てるこっちが恥ずかしくなってきちゃうぜ。

 

欅坂46との類似性??

曲の歌詞を読んでいくと、まぁそのままずばり「ジコチューに自分の思う通り生きろ!」っていうメッセージ。

このメッセージは欅坂の楽曲に良く使われていますよね。

ガラスを割れ!もある意味そうだし、サイレントマジョリティーも不協和音もそうです。

それをこんな爽やかな曲で、しかも飛鳥ちゃんセンターでやるところがニクイ。

一言こう言うしかありません。

 

ジコチューな 君の笑顔に くぎづけさ

 

 

Sponsored Link