【欅坂46】アンビバレントの二律背反をとき明かす夜

欅坂46の7thシングル「アンビバレント」の歌詞、願望は二律背反~♪ってとこにぴくっと反応したあなたへ。

素晴らしい感性ですね。

てちのアンビバレントな二律背反(にりつはいはん)を解き明かしましょう。

 

アンビバレントと二律背反

まず「アンビバレント」です。アンビバレントの意味をあなたも検索したでしょう。一番上に出てきた「デジタル大辞泉」によると…

[形動]相反する意見を持つさま。両面の。また、相反する感情が同時に存在するさま。「アンビバレントな感情を抱く」

相反する感情が同時に存在するというのは、好きだけど嫌い。嫌いだけど好き。

これ、分かるようで分からないですね。ここでちょっと、欅ヲタの平手崎くんに登場してもらいます。

 

平手崎くんがアンビバレントMVを最初に見る時の感情

  • 「アンビバレント」MVきたっ!めっちゃ楽しみ!見たい!……あぁ…でも…。俺の1位は不動の4th「不協和音」なんだよ。もし「アンビバレント」がめっちゃ良かったら、俺内のランクが入れ替わっちゃうよ…あぁ…なんか…見たいけど見たくない!

これがアンビバレントな状態ですね。相反する感情が同時に存在してます。

アンビバレントは心理学の用語らしく、平手崎君は欅坂の楽曲に対する相反する感情でしたが、人間関係で主に使われるそうです。

ツンデレも言ってみればアンビバレントですかね?「別にアンタのためにつくったわけじゃないからね!」っていう、好きだけど好きじゃない態度をとっちゃう的な。

 

二律背反をなるだけ簡単に…

さて二律背反です。コトバンクによると…

論理的にも事実的にも同等の根拠をもって成り立ちながら,両立することのできない矛盾する二つの命題間の関係をいう,論理学の用語。たとえば「世界は時間的にも初めがあり,空間的にもかぎられたものである」「世界は時間的にも空間的にも無限である」というイマヌエル・カントにより立てられた二律背反は有名である。なお,今日ではパラドックスがこの意味に使われることもある。
出典:https://kotobank.jp/word/%E4%BA%8C%E5%BE%8B%E8%83%8C%E5%8F%8D-110704

むーりー。難しいですねえ二律背反。哲学の用語のようです。自分の力では無理そうなので、知恵袋さんに聞いてきました。

たとえば、Aさんは「私は昨日職場にいた」と主張しています。実際に職場の勤務記録がありますので、そのことは証明できます。
Bさんは「Aさんは昨日ゲームセンターにいた」と主張しています。実際にゲームセンターでゲームを操作している写真が存在し、こちらも証明可能です。

Aさんの主張もBさんの主張も証明できるのに、あきらかに矛盾しています。
このように、正しい2つの主張が矛盾しているのがアンチノミー(二律背反)です。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14115174139?fr=sc_dr&__ysp=5LqM5b6L6IOM5Y%2BNIOaEj%2BWRsyDnsKHljZjjgas%3D

ふむふむ。つまり、AさんとBさんの主張が食い違っているのに、証明できてしまう矛盾した状態。これが二律背反だと。

さっきの平手崎くんに置き換えると…

 

平手崎くんのMV見終わった後の二律背反

平手崎くん「アンビバレント?結局見たよ。スマホで12時ちょうどに。」

確かに平手崎くんのスマホを見ると、視聴履歴で12時ぴったりに見てるのが証明できます。ですが平手崎君はその時間、スマホ持ち込み禁止の試験を受けており、監視カメラにもその様子は映っているので、スマホを見ていないことも証明できてしまいます。

これが二律背反です。

2つの相反する事柄なのに、どちらも証明できてしまうという状態ですね。

 

アンビバレント歌詞世界と二律背反の関係

じゃあそれが何なのかというと、アンビバレントの歌詞では「願望は二律背反」とうたわれていますよね。

これどういうことかというと、歌詞世界の主人公…もうこれも平手崎くんにしますが、平手崎くんは「一人でいたい」という願望も証明できるし、実は「一人でいたくない」という願望も証明できる状態にいます。

つまり、自分の中に相反する感情があって、どっちもあることは自分で分かってるんですね。分かってるがゆえに、(I know, I knowがゆえに、)どうしたらいいかわからないんです。

だって、相反する願望がどっちも自分の中にあるんだから。

「一人でいたい」という願望と、「一人でいたくない」という願望の2つが共存してしまっているので、身動きが取れないんです。

ただここでポイントなのは、「一人でいたい」という願望は本当に証明できているのかな?という点です。

歌詞に出てくるBlah!Blah!は「ばかばかしい!」って意味らしいですが、ここはさっきのI know I knowと対になる部分ですよね。

でも実は、Blah!Blah!の方が歌う回数多いんです。

ってことは、平手崎は「ばかばかしい!」って多く言ってる。それは自分に対してっていう意味もあるかもしれないが、おそらく「皆と一緒に、太陽のようなキラキラ笑顔な写真をSNSにあげる、リア充単細胞」に対してでしょう。

ここに平手崎の本心が見えます。

そいつらに対してBlah!ってめっちゃ言ってるってことは、本当は一人でいたくない。単純に羨ましくてたまらないからBlah!って言ってる。

単純に自分もこの夏、楽しいことしたいんです。

もうこれ、根本的にはそうだと思いますよ。それをアレコレ考えすぎて、ああでもないこうでもないとやっている。

アンビバレントは、アンビバレント「about」って最初とラストで言ってます。aboutは「…について」ですね。

わざわざabout付けるくらいなので、自分のアンビバレントについて話した~い誰かが~♪、平手崎くんにはいるんじゃないでしょうか。

つまり…

  • 俺の夏、本当はめっちゃ花火とかしたい!一人でなんかいたくない!けど…なんかでも…リア充のやつらはシャクにさわる!…あんなリア充写真あげるようなヤツになるのは嫌だ!そう、おれは一人でいたいんだ!…でも…なんなんだこの…この湧き上がる…孤独感は!あぁ!

っていう全国の平手崎の心情を歌っているのが「アンビバレント」っていう曲なんじゃないでしょうか。

解決策はある。

欅ヲタと一緒に夏を楽しむのだ!

さぁ!一緒に踊ろうじゃないか!

Sponsored Link