【日向坂46】キュンのセンターに抜擢されたワケ【小坂菜緒】

日向坂46の1stデビューシングル「キュン」のセンターが、さらっとにもほどがあるほどさらっと、「ひらがな推し」で発表されましたね。

 

センターはこさかなこと小坂菜緒さんでございます。

 

まぁ順当…という意見が多いようですが、日向坂46にとっても重要な重要なデビューシングル「キュン」のセンターに抜擢された小坂菜緒について分かること、紐解いていきます。

 

日向坂46「キュン」のセンターにキュンキュン

「けやき坂46」の2期生として加入した大阪出身の小坂菜緒。

「欅って、書けない?」の2期生初登場回の自己紹介VTRでは、最初は織田奈那に似ていると言われていました。(織田を可愛くした感じとか中々な言われ方してましたがw)

実際に登場したセーラー服のこさかな本人を見て、「ダニ(織田奈那)より全然カワイイ」という声が出ていましたが(笑)

前世は「ひきこもりの人」と自称するほどのかなりのお家好きだそうで。

欅好きなお兄ちゃんと仲良しだそうで、お兄ちゃんに推されていたてちがなぜか爆笑して「ありがとうございます」という謎のくだりはあまりにも有名です。

基本的にはおとなしい印象の人見知りちゃんで、子供にまで人見知りするこさかなが、一番目立つセンターになぜ抜擢されたのか??

 

キュンのセンターこさかなの握手会人気

坂道の選抜やセンターについては、運営さんのさじ加減と言われているところもありますが、基本的には握手会で人気のメンバーがセンターやフロントになります。

おとなしくて目立たなそうなこさかなでしたが、最初の個別握手会からすぐに「完売」しています。(参考:「乃木坂46・欅坂46握手会情報まとめ」欅坂46 6th個別握手会売り切れ状況 第一次受付終了

ひらがなは1期生の齊藤京子がダントツの人気でしたが、そこに彗星のごとく現れた2期生メンバーが小坂菜緒と渡邉美穂でした。

そして、けやき坂46の1stアルバム「走り出す瞬間」では、齊藤京子とかとし(加藤史帆)以降は、金村美玖・小坂菜緒・渡邉美穂・河田陽菜・丹生明里…とひらがな2期生がグングンと握手券を売りまくっていた事実…

ちなみに「キュン」は2次受付ですでにほぼすべてのメンバーが完売しているので、日向坂46というグループ自体の人気がめちゃくちゃ高くなっております。

 

ひらがなけやきセンターの系譜

ひらがな2期生単独の曲に、欅坂46の6thシングル「ガラスを割れ!」に収録された「半分の記憶」があります。

「半分の記憶」のセンターは小坂菜緒でした。

そしてひらがなけやき単独の1stアルバム「走り出す瞬間」のリード曲「期待していない自分」の裏センター(センターの後ろ)が小坂菜緒。

欅坂46の7thシングル「アンビバレント」に収録されたひらがな曲「ハッピーオーラ」では、センター加藤史帆の隣、つまりフロントも小坂菜緒。

加入して1年ちょっとですが、実はとても経験豊富なんです。

 

キュンのセンターがこさかななのはなぜだ?

正直、人気メンバーなら誰がセンターに来てもおかしくない中で、小坂菜緒がセンターに起用されたのはなぜか?それは…

 

「日向坂46」というイメージを打ち出すのにぴったりだから

 

ではないでしょうか。

改名後初のリリース作品ですので、日向坂ってこんな感じ…という印象が付く重要なデビューシングルです。

日向坂46の公式サイトを見ると分かりますが、乃木坂よりもさらに「さわやかで清楚でキレイ」、そして何より若々しさを感じるイメージです。

このイメージにぴったりなのが、小坂菜緒という人だった…と。

 

雑誌「Seventeen」の専属モデルを務め、ルックスは申し分なし。清楚なイメージで若さも出せてセンター・フロント経験もある…

なので、日向坂46のデビューシングル「キュン」のセンターに小坂菜緒起用は順当!!と、ネット界隈でも言われているということですね。

 

そして最後に…

 

オードリー若林の推しメンの一人であるということも、センター起用に至った理由であろう!!(…いや、それは関係ない)

 

何にせよ日向坂46のデビューシングル「キュン」を、キュンキュンと楽しみましょう。

予約・購入は特典付きショップや安いショップを選ばないと損するので、下記記事もチェックしてみてくださいませ^^

⇒【日向坂46】キュンHMV特典の賢い買い方【1stデビューシングル】

⇒日向坂46「キュン」を最安値で予約・購入するには?

⇒日向坂46「キュン」店舗特典まとめったー

⇒日向坂46の記事一覧

 

 

 

 

Sponsored Link